2018年02月01日

楽天の、ばかー!

070

夫の体験をお話しします。
多少、フィクションが混じってるかもしれません。
でも、楽天のアホさ加減がわかるエピソードなので、ちょっとばかり、話してみたいかなと。

以前、夫は楽天カードを申し込んでおりましたが、退会していました。
改めて、会計をまとめるのと、期限付きですがポイントがたくさんもらえる企画があると知り、そそくさと再入会。
5000ポイントに600ポイント賦課されるんだと、夫はワクワクしつつ、待っておりました。

ところが。
いつまで経っても、カードが送られてきません。
「どうしたのかな」
と確認すると、なんと、住所が間違っていたではありませんか!
夫は、間違いなく自分の住所を登録したと楽天に主張し、
「楽天カードは、ちゃんと信用調査しよるんかい」
あきれかえっていたのでした。

とにかく交渉のすえ、やっとカードは送られてきましたが、
その間に企画の期限は終わり、ポイントは一切つきませんでした。
「別にいいけどさ、ぶつぶつ」
夫はぼそぼそ、不満そう。

そういえば、わたしのところに、身に覚えのない楽天カードの請求書が、
メールで送られてきたことがありました。
2万円ほど、大阪の信用金庫に払いなさい、と書いてあり、
詳細はこちら、とリンク先が書いてあったのですが、これはフィッシュ詐欺ですので無視。
そしたら、その後、楽天カードの請求メールが山のように。
請求金額は2万から3万、4万から8万へ……。
どんだけー?!
1度でいい、月に8万も使えるような身分になりたいよ。

楽天カードがどんなにいいのかは知りません。
夫が再入会したいと思ったほど、楽天カードはいいのでしょう。
でも、住所を間違って送ってきて、「おくる喜び プライスレス」 と喜んでちゃダメじゃないですか。
「しまったなぁ、カード送付まではうまくいったのだが」
と、楽天さんがぼんやり画面を見つめて、「こんどは、菓子折作戦でいこうか」
ダメじゃん!
ていうか、お菓子だったら、いちど食べてみたい、『ターキッシュ・ディライト』 でお願いします(?)

そんなこんなで、楽天さんのどうしようもない信用調査っぷりと、ポイントを餌にしたよくある勧誘手口を
こちらで紹介させていただきました。
カードを作ったのはいいけど、身に覚えのない請求書が来たらどうするつもりなのかね、夫よ。
それにほんとにポイントがたまるのかしらん。
かりにポイントをためても、楽天以外じゃ、使えないんでしょう?
NTTドコモは、たまったポイントを株に替えて投資ができるらしい。
いま、ビットコイン長者が増えてるっていうから、楽天カードのポイントも、ビットコインに還元できるといいかもね。
どうせビットコインなんてあぶく銭だ。
はじめからないと思えば、気軽にはじめられるかも。

楽天カードマン。ウルトラマンみたいに、時間が来たら銀河の彼方に飛んでいかないでね。
お願いしますよ。

posted by 岡野なおみ at 07:19| Comment(0) | 日記