2018年03月07日

歴史探訪ウォーキング 3月号 (03)

IMG_20180225_115019

人柱の代わりに、石のモニュメントを作っているお寺も見かけました。
そのお寺の紋が、ドラマ『荒神』のなかにでてきた『香山藩』の家紋とそっくりだったので、
「これはどこかのお殿さまの家紋ですか?」 と聞いたら、
「この寺の家紋です。このなかに、牡蠣養殖が商売になるまでにがんばった、小林五郎左衛門の墓があります」
とのこと。
広島では、牡蛎が有名ですが、それを一般的に売られるような道を作ったのが、小林五郎左衛門というひとだそうです。ほかの連中はいろいろ言うが、ここが本場だぞ、といばってる。市内で対立があるらしい。稚気さかんですな。

そこからめぐって、井戸と地蔵さんを見ました。
ここらは火事がおおかったため、井戸は欠かせない防火施設でした。あちこちに寺があるのは、火事供養のためと、お魚の命を食べるためだという話(ガイドさん、「ぼくが言うんじゃなくて、和尚さんがそれを言えっていうもんで……」)。
お地蔵さんには、真言が掲げられていました。由来や伝承の書かれたチラシもついています(大火事や大災害をお地蔵さんが鎮めてくれた、と書いてある)。

この井戸には、小判がついているはずだったのですが、だれかに盗られたのかなくなっていました。世の中世知辛いですね。

ほかにも、「大石餅」(明治天皇が好んで食べた。おいしい、のダジャレから)の話もありましたし、門構えが竜宮城そっくりのお寺にもおじゃましました。
いろいろ行ってきて写真をバチバチ撮ってきて、録音もしまくったのはいいんですが、録音状態が悪くてなにを言ってるのかさっぱり(涙)
ガイドにマイクつけてほしいなと思ったけど、無理だろうな。

帰る途中で、「92年前の大正ひな、展示中」 と壁に貼られた家を発見!
ちょうどその日は2月25日で、おひな様より前だったので、
「見せてもらおう」
とガイドさん、呼び鈴を鳴らします。
「前もって話を通してないから、断られるかな……」
とのセリフに、不安がよぎる生徒たち。
しかし、家のひとは、いつもは外に出ているのですが、今日はうちにおられて、しかもひな人形を見せてくださるとのこと!

やった!
大正ひな、見られる!

古いおひな様を見るのは何年ぶりかな?
たしか竹原まで、家族で見に行ったんですよ。
おひな様ばっかり数百体。
どれも特徴があって、楽しかったんですが、残念ながら写真を紛失してしまいました……。
そんなわけで、今回のひな人形は、貴重な資料になりました。

ガイドさんの話の途中で夫から、
「まだ終わらないの?」
という電話が入ってきて困ってしまいました。わたしはちゃんと、12時まであるよって言ったつもりだったんですが、10時半までだと思い込んでいたらしい。
「Ingressのミッションでも2時間ぐらいかかるのに、1時間で済む分けないでしょ!」
と喧嘩したりしました。

とはいえ、今日はだいたい4000歩ほど歩きました。帰ったら義母が食事を作ってくれていて、助かりました。ほんとはわたしが作らなきゃ、なんだけどね。(いちおう主婦なんだから、仕事はせねば)
日記のネタになったんだから、いいってことにしてほしい。
そういうわけで、今週前半は、主として近所の歴史探訪ウォーキングでした。
来月25日にまたウォーキングイベントがあるそうです。今度は花見。楽しみです。

最後になりましたが、このイベントに参加したら、アンケートを受けることになっています。わたしは、ガイドさんの滑舌が悪いって書いちゃった(汗)
ガイドさん、いろいろありがとうございました。めげずにがんばってね。

posted by 岡野なおみ at 05:43| Comment(0) | 日記