2018年03月13日

日刊わしら

IMG_20180303_120630

広島県営のSNSに参加しました。
『日刊わしら』 です。
イケメンの湯崎知事が参加しています。
広島独自の話題が豊富!
さっそくネタをちょっぴりご紹介。

とある母子の物語。
4歳になる男の子は、広島方言の「けぇ」 の使い方が判りません。
「ぼく、4歳けぇ」
とのたまうのですが、本来なら <4歳じゃけぇ>、が正解。
それにしてもですよ、幼い子どもが 「けぇ」 と 時代劇のじーさんみたいな言葉を話す記事を見ると、かわいいというのか、気の毒というのか(汗)
もうひとつ、やくざ映画の影響なのか、広島弁は 少々、乱暴なイメージが先行しております。
まあねー。交通法規も公共倫理もどこ吹く風のひとがおおいからさー。
つまり逆に言えば、暖かい人柄がおおいってことですね。
広島人は、自由なひとが多いんです。バンカラなのが特徴なのさ。

ハート型のつり革
バスのつり革がありますよね。広島には、8社バス業者があるんですが、事業者ごとに1台ずつ、1個だけ、ハート型のつり革が垂れ下がっています。
(3月いっぱいまで)
このハート型つり革に遭遇すると、恋が成就するというお話。
確率的には、ひじょーに低いのですが、路線バスに乗ることがあったら見てみましょう。

イズミ・ゆめマート、ゆめタウン
広島には、あちこちにスーパーがありますが、そのなかで特に勢力を振るっているのがイズミと呼ばれる地方の大企業です。
わたしはこのイズミにつとめて、病気にさせられて、いまだに職場復帰ができない状況になったわけですがね。それはともかく。
そのスーパーの規模に合わせて、小さい順に、イズミ、ゆめマート、ゆめタウンと名前を変えております。
古いひとは、ときどき、ゆめマートやゆめタウンを イズミ と呼びますので、新しく広島に来た人は、混乱します。
このあたり、広島地方の地元電器店の 『エディオン』 を、古いひとが、『第一産業』 とか 『デオデオ』 と呼んだりするのと似ています。
(第一産業もデオデオも、エディオンの旧名です)。
たしか デオデオは、 ケント・デリカットが テレビCM に出ていて、ギョロ目のユーモラスな顔がインパクトありました。
デオデオというネーミングセンスがあまりにひどいので、エディオンになったのでしょう。
最近のエディオンのCMは、かわいい女の子が出てきます。
まえのほうが、覚えさせるという点では 秀逸だったかもね。

湯崎知事の過去
『日刊わしら』 の特設ページには、運営主の県知事、湯崎さんが写真入りで登場しています。
インタビューが載ってました。
昔は 天体観測が趣味だったそうです。埋め立てられる前の海へ遊びに行って、望遠鏡でいろんな惑星の写真を撮ったとか。
ロッカーなところもあり、「ホテルカルフォルニア」 を絶叫したこともあるそうです。
政治家というよりは、身近なおっさん、という感じでした。
実は外見がイケメンなので、このおっさんがわたしは好みです。
夫がいる身で写真を見て、おー、いけてる! とか言ってます。
女は海、好きな男の腕の中でも、違う男の夢をみる と ジュディ・オングも歌ってるじゃん!
仲がよくても 目移りはするんだよ。
湯崎知事には、迷惑だろうね。
ファンレター出そうかな。「税金をやすくしろー」
そのまえに、県の政治に関心を持ちましょう(笑)

わたしが安佐南区にふぐチリを食べに行った話を書いたら、ウケました。
5,000円弱(ひとり) で食べられるんだからすごいよね。
ビールを飲んだら血圧が高くなっちゃった^^;;;;;
おいしいものを食べたら、代償がたかい。

posted by 岡野なおみ at 07:54| Comment(0) | 日記