2018年04月13日

京都行き(3/3)

DSCF0543

翌日は、自由行動。
すぐに東映太秦映画村へ行きました。ところが、乗っていたJRの切符が行方不明になってしまい、大騒ぎしてわたしのバッグの中で発見。さんざん笑われました。
うえーんTT
ともあれ、駅からタクシーに乗って映画村へ。そこでは、すでに営業が始まっております。中村座ってところで、大道芸の『南京玉すだれ』をやっていました。

南京玉すだれ
女の人が当時の薬売りの格好をして、玉すだれの芸を披露しています。
浦島太郎の魚釣り竿。
大きな門構え。
橋もあれば、金のしゃちほこもある。
たかがすだれと思っていたら、侮れないバリエーションです。
「やりたい人!」
という芸人の声に呼応したのが、中国人らしき女性の人。
スマホで恋人らしき人物に写真を撮ってもらい、そのまま浦島太郎の魚釣り竿を学んで、立派に芸を披露するのでした。
みんな大拍手です。
15分が、あっという間でした。

実際に演技も見られる
映画を撮るときの裏話的なイベントも見ました。新選組が悪者を退治するというストーリー仕立ての演技で、監督が演技者にいろいろ指導するんですが、これがかなり笑える。
さすが関西地区はお笑いが得意ですね。
新撰組のにーちゃんがチャンバラをしているときに、観覧していた子どもが、
「おにーちゃんがんばれ!」
って応援していたのが可愛かったです。

サスケ
忍者のサスケが、豊臣秀頼を助けようと奔走するアクションも見ました。
特殊効果満載の、ドキドキもののアクションです。忍者なので、跳んだり跳ねたり階段から落ちたり、見ているこっちが疲れてきそう。義母なんか
「立って見るのはつらい」
と言って、空いている席にさっさと座ってしまいました。
このアクション演技も、ヨシモト風の笑いがあって、わたしとしては満足でした。
ヨシモトには、一度も行ったことはないんですが、テレビではよく見ますからね。
発音がハッキリしていて好印象。
やはり日本語はハッキリしてほしいですね。

昼ご飯
昼食は、湯葉どんぶりを食べました。
外食していて驚くのは、どこの店もおいしいんですよ! こういうところはあまり期待できないと思っていただけに、うれしくなりました。
近所にUSJがあるからかな(笑)

写真
この村で写真を撮っている人はいなかったので、たぶん撮影禁止なのでしょうけれど、多少はいいだろうと忍者の像とかお馬さんなどを撮りました。あと、舞妓はんのコスプレして写真に撮ってもらいました。外は歩けないそうで残念。キーホルダーにもしてもらうと、義母も夫も、
「太った舞妓はんじゃのー」
ほっとけ!!!

龍安寺
そこを出てりょうあんじに行きました。石庭が有名。ワビサビな空間を眺めつつ、夫は、
「山口の石庭のほうが広い」
比べてどーする。

晴明神社
夫のかねてからの要望、晴明神社に行きました。そこで彼の願ったことは、
「コンピュータの技術力の向上」
わたしも、
「作家としての技量の向上」
をお願いしました(お守りも買いました)。
小さい神社なのに人が一杯!
だけど外国人は一人もいませんでした。

豚まん買って帰宅
帰りは551蓬莱で海鮮焼きそば。わたしはカリカリ麺ですが、夫と義母は柔らか麺。どちらもおいしかったとお互いに言い合いっこ。豚まんを買って帰り、合唱サークルへのお土産は八ツ橋に決定。

疲れたけど、たのしかった!

posted by 岡野なおみ at 05:57| Comment(0) | 日記