2018年05月07日

パソコンボランティアのネタ

お客さんは当初ひとり
前回のパソコンボランティアは、お客さんは顧問のMさんひとり。彼は、OUTLOOKの使い方を忘れた、と言うのです。
わたしはサンダーバードしか使ったことがないので、
「できるかどうか、自信ないけど」
とボヤきつつ、使ってみました。
サンダーバードが メールの 「新規作成」 するところを、OUTLOOKでは 「エントリーの追加」 って言うんですね。
こりゃちょっと、わかりにくいかも……。
まあ、エントリーの追加をしてみて、電子メールを登録してもらって、使い方をしっかり、身につけていただきました。
それが終わったら暇になったので、持参したPCでお話を書いていました。

手芸の人とのやりとり
おなじ集会所を使っている手芸の人が、「子ども会の使っているスペースをあけてもらえるかなぁ」
と言いつつ、納戸をあけてごそごそやってます。
「これはお祭りに使うからダメだろうし、これは領収書だから必要だし」
わたしが、ちょっとのぞいてみると、輪投げの道具があったので、
「これは要らないでしょう」
と言ってみたら、
「これは最近買ってもらったばかりで、子どもたちや老人たちに使ってもらおうと思ってるんです。
特に独り暮らしの老人を引っ張り出すのに、こういう道具は必要だろうなって」
でも、飽きたらどうするつもりなんだろう。

プリンターがつながらない
ボランティア時間が終わりかけたときに、先日のオカリナ大好きの人がやってきて、
「プリンターをつなげてください」
で、リーダーやらボランティア仲間がウンウンうなって1時間。中国語で説明が出てくるパソコンにオタオタしつつ、
なんとかつなげることに成功しました。
どうやらプリンターの初期設定をせずにパソコンにつなげようとしていたらしい。
「でも、つながってよかった。これ、電器店でつないでもらうと、一回一万円かかるからね」
と、リーダーさん。
「その代わり、こんなに時間はかからないけど」
プリンターもパソコンも、それ自体は安くなったけど、インク代とかメンテナンス代とか高いよねーという話になりました。
まあ、それで儲けてるという一面はあるでしょうね。

書籍も大切な媒体
PCといえばネットです。Webによるコミュニケーションが浸透していますが、書籍も大事な媒体だ、という話をなにかの本で読んだことがあります。
たとえばパソコンで読むにしても、筐体やソフトウエアがなければ読めないし、スマホだって充電したりしなきゃダメ。本はなにもしなくても、すっきりと読めるところがアドバンテージがある。
という論説なんですが、読むのめんどーだよね?
書籍のほうが礼儀正しいなんて書いてあったから、逆に言えばよそよそしいってことだよね、なんて考えたり。
  本にもいろいろあるけど、礼儀正しい本なんてつまんないよねー。
やっぱ、どこかはじけてなくちゃ。
……自分はどうなんだよ。(涙)

posted by 岡野なおみ at 07:55| Comment(0) | 日記