2018年06月05日

K公民館の歴史散策(後編)

20180527_111329

昨日の続きです。
薬師如来堂
眼科専門の薬師如来。昔は三次藩の藩主のお庭だったそうです。なので、手水や花などがありますね。
まだ 05/27 なのに、もうあじさいが咲いていました。
美しい赤の色が映えていました。土はアルカリ性かな。

幸福稲荷
この辺の人たちが、大火や災害に苦しんだので、神頼みとして立てられたそうです。
ここは三次藩の役所と、幕府巡検視の宿所があった場所で、御茶屋敷と呼んでいたそうです。
信じるものは、救われる。

西楽寺
今回は、法会があったので 本堂の天井絵は 見られませんでしたが、この絵は圧巻だそうです。
牡蠣養殖に一役買った、「小林五郎左衛門」 の お墓もここにあります。
小林五郎左衛門は、大阪に牡蠣を売ることで、現在のお金で換算して2億円 稼いだそうですよ!

大釣井と地蔵尊
幸福稲荷でも触れたように、このあたりでは 歴史に残る大火が5回もあったので、お地蔵さんを作ったそうです。
で、結婚式の時にお地蔵さんを持ってくる。返すときに、よだれかけを新調する。
「お嫁さんが、居着いてくれますように」
という願いがこもっているそうな。
井戸の方は、街道を行く人々の飲料になり、火事になれば防火にもなったといいます。

神社とお地蔵さん
個人の神社を道に持ってきたらしい。お地蔵さんは、海を守るとされていました。
お地蔵さんは大好き。なんでもありってところが特に。

住吉神社
言わずと知れた海の神さま。常夜灯があるとかないとか……。
「郷土史は、言ったもん勝ち」 と ガイドさん。
証拠がなければ、声の大きい人が勝利するそうです。
歴史ってわりと、いい加減。

恵比寿神社
門のえびす の文字と、神社の えびす の文字が違う、とガイドさん。
よく判らなかったですが、門のえびすの方が、新しいらしい。
この恵比寿神社、あちこち移転しているようです。
神さまなのに、人間の都合に振り回されています。
罰が当たるよ。

竜宮神社
病を癒やす神社。手水が龍の目になっています。
ここでお祭りが行われ、子どもや大人が集まって 大きな賑わいになっていたと言います。

タチアオイ
12:00になったので、現地解散。竜宮神社からK公民館まで帰る道すがら、
タチアオイを発見しました。
季節は、もう初夏をすぎて梅雨になりかけています。
「来月は、どうしようかな……」
公民館の人が、ボヤいています。
「次の日の降水確率が50%だったら、取りやめってことにしたいけど、最近の予報はアテにならない」
「やっぱりドタキャン、いらっしゃるんですね」
「急に熱が出たっていうことなので……。仕方ないですよ」

今回は、前回の歴史ウォーキングよりはちょっとばかり詳しかったかもしれません。
次回は合唱サークルの発表会のため、参加できませんので、7月に参加することになろうかと思うのですが、同じコースだったらやめようかな。
といっても、ネタがないからなー。まあ、そのときに考えよう。

posted by 岡野なおみ at 08:05| Comment(0) | 日記