2018年10月12日

動物好きと漫画家、医師とドラマ

漫画 動物病院シリーズに出てくる青年医師 コオ先生が主人公のドラマ、
「僕とシッポと神楽坂」
が、今日12日(金曜日)から朝日放送系で、一部地域を除いて開始されます。
ドラマ化おめでとうございます。と原作者にTELしたら、照れてました。
ストーリー的には、すでにシリーズとしてはひとつ完結した、
「僕とシッポと神楽坂」の抽出版だそうです。
コオ先生役のひとは、原作者たらさわみちさんにとっては、最初はびっくりしたようでしたが、
のちになじんできたようでした。
詳細は、OFFICE YOU(女性漫画雑誌)の、2018年11月号に書いてあるようです。

ドラマに関してのみちさんのコメント(朝日放送版)
https://www.tv-asahi.co.jp/shippo/news/0007/

わたしは たらさわみちさんと 友だちです
漫画家歴40年以上のベテラン、たらさわみちさんと交流があります。
みちさんは、あの竹宮恵子さん(『地球(テラへ……)』 『風と木の詩』が有名)の
アシスタントをやっておられたとのことです。
ポスト花の24年組のひとりで、Wikiにも出ている人です。
動物病院を舞台にした漫画を、ここ30年近く、描いています。
コオ先生は、むかしはチョイ役でしたが、いまは主役です!

みちさんは、フレンドリーで優しい人です。
あまり煩わしたくないので、電話もたまにしかしませんが、
声を聞くとホッとします。
わたしはずっとみちさんを応援していたので、ドラマ化されてうれしいです。
今からドラマが楽しみです。

posted by 岡野なおみ at 06:57| Comment(0) | 日記