2019年02月05日

北海道に白いヒグマ!!!!

ことしの中国新聞《1月20日)ネタです。北海道で白ヒグマを発見した、というお話。
野生の白いヒグマは、北方領土の国後島や択捉島で確認されているが
北海道でくり返し(2016年9月〜18年7月に計6回)撮影されるのはきわめて
珍しいということです。動画撮影されたのを分析してみると、
瞳は黒いのでアルビノでもなさそう。そして白い身体は魚に見つかりにくく、
遺伝の可能性がある、とのことです。

白いヒグマはホッキョクグマみたい
木彫りのお土産にまでなっているヒグマが白くなったら、
お土産を作ってる人にとってはイタタでしょう。
白いヒグマはホッキョクグマみたいだなと思います。
突然変異とはいえ、ふしぎな現象です。
動物が、なにもしなくても変化していくのを見ると、
自然というのは 変化する、ということが基本なんだな、
と考えたりもします。
人類が、永遠を求めているのとは真逆です。

雪の中を白いヒグマがやってきて……
人家を襲って、冷蔵庫をあさったりしたら、
白いヒグマに白い冷蔵庫、なんだかマンガだわ。
生態を調べたい、と学者は意気込んでいますが、
白いヒグマの多そうな北方領土は、ロシアが占拠中。
学術調査といって通じるか?!

学術調査で通用しないのは
クジラも同じですな。ヒグマも食べられるっていうけど。
どっちも知性があるらしい。
それを言うなら、ブタだって相当あたまがいいのだが
西洋人は文句を言わずに食べているのでありました。
文化って、いろいろです。

posted by 岡野なおみ at 09:46| Comment(0) | 日記