2018年04月17日

雑ネタあれこれ 2018/04/17版

DSCF0521

トレビの泉
銀閣寺での出来事。魚の住む泉にコインを投げてるのを見て運転手さんは、
「銀閣寺も、まんざらじゃないのかも。やめろと看板に書けばいいのにしていないから」
魚がコインで死ぬのにと怒ってるのでした。
視点が斜めですねえ。

カメの島
同じく銀閣寺の出来事。銀閣寺の庭にカメの島がある、という運転手さん。頭が左側で、尻尾を立てて水に沈もうとしているところだ、と言うのです。
カメといっても島の形がカメに似ているってだけ。
面白いけど、だからなに?

行待さん
丹波のほうでは有名な名前。京都に行ったとき、自由行動の7日に使ったタクシーの運転手さんの名前で、外宮内宮もある元伊勢というところに行って待て、と言われて待った、というのが名前の由来。珍しい由緒ある名前だけれど、継ぐ人がいない。ちなみに ゆきまち と読むそうです。
行待さんは、「ほかにも珍しい名前の人はいるけれど、継ぐ人がいなくてつぶれているのが結構いる」 と言っていました。
タクシーの運転手さんは、いろんなことを知っています。

足から衰える
4日のRCCラジオ 『ごぜん様さま』 で、役に立った授業がテーマだったんですが、リスナーの投稿で、
「数学はダメだったけど、先生の、『人間は足から衰える』 というのは覚えてる」
というのがありました。横山雄二アナウンサー(MC) は、先生から 叱られたことは覚えてるけど、ほかは全然覚えてないそう。
気の毒というか身近に感じるというか。

  HP作り
パソコンボランティアで町内のカルガモ会(仮)で、ホームページをつくろう、という気運が高まっていることは以前申しました。
その後なんですが、わたしの知らないうちに、カルガモ会の活動がどんどん増えていって、挿絵も増やさねばならなくなり、そのぶん無料フリーイラストををゲットしなくてはならないのです。そのイラストがなかなか見つからなくてね。自分で描ければ言うことないんだけど、描けないしさ、友だちにプロの漫画家、たらさわみちさんがいるけど、こんな小さな仕事をボランティアでしてもらうのは悪いしね。(相手は絵を職業にしてるんですもの!)
だんだんやる気が失せてきました。更新に次ぐ更新、ちゃんとやっても文句を言われたりするし、やって意味があるのかな。
  今後は更新はお断りしなくちゃ。

文章講座について
やさしい文章講座というので行ったわけですが、やさしいというわりには初心者には難しいんじゃないかな。500文字でテーマを決めて書け、なんてむちゃですよ。わたしもとっさに、『出会い』を選んでカブトエビの話を書いたけど、ほかのどれもがとっさに出てこないテーマばかりですからね(でかけるまえに、とわすれもの、の二つがそれ)。
初めて文章を書く人は、一時間持ち時間があったけれど、「持ち帰って書いていいですか?」と質問していました。
そこで先生は、
「ほかのテーマも書いてきてくださるならいいですよ。ほかの人も書いてきてください」
わーん。巻き込まれたよー。
いまの段階で、わたしのテーマは『でかけるまえに』と『わすれもの』。アイデアとしては、でかけるまえに、は、天気をチェックする話を書こうと思ってるし、忘れ物はIngressでわすれものをした話をしようと思ってます。そして肉筆ではなく、パソコンで印字します。
いま思うとわたしのカブトエビの話、誤字脱字がいっぱいあったな……。1時間で書く訓練を毎日続けなくちゃ。

WBS放送なし
今月に入ってから、WBSが広島では放送されなくなりました。残念。
トレたまとか、面白かったんですがね……。見逃し番組月額500円で見られるって言いますが、そこまでの魅力はない。
WBSもふつうのマスコミと同じ論調だったから、お金を払う価値はなさそうです。
政府の陰謀で法律ができたから、テレビが面白くなくなっちゃった。ばからしい。

posted by 岡野なおみ at 07:53| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: