2018年12月06日

今もコスモスがさいている!

メキシコ、というとコスモス。

名前は、ギリシャ語の「コスモス(秩序・調和・美しい)」から由来しており、
原産地はメキシコで、日本には明治時代に渡来したと言われています。
  ちなみにコスモスとは、英語では「宇宙」を意味する場合もあります。
わたしが高校生の頃には、アメリカの物理学者、カール・セーガンが主演していた、
「コスモス」(宇宙)
という番組が放送されていました。
そのなかで、アインシュタインの相対性理論の説明があって、
わかったような、わからないような、ふしぎな気持ちになりました。

時間は、重力と関係があって、ブラックホールはどんなものでも吸い込んでしまって……。
遠い宇宙のふしぎと、いま、この瞬間にも宇宙が膨らんでいるということへの驚き。
コスモスを見ていると、そんなことを思い出します。

2018/11/27、NASAの探査機が、火星に到着したそうです。
赤い砂漠に、ところどころ石が転がっている画像を、ニュースで見ました。
火星もまた、宇宙の一つの惑星。
膨張していく宇宙ののなかで、いつものように周回しています。
地球もまた、巨大な宇宙のなかでは、平凡な惑星のひとつに過ぎない。
そんな地球の、小さな島国の、そのまた小さな一地方で、
コスモスが咲いています。

日本では、秋の花の代表です。
山口百恵が、結婚していく女性の心情を、この花に託して歌った歌があります。
俳句でも、コスモスを題材にした句がいろいろあります。
そのうちの一つが、こちら。

    ひとりでに家壊れつつあきざくら 坂戸淳夫

コスモスの生えている土手を進んでいくと、壊れつつあるアパートもあります。
ひとりでに壊れているわけじゃないようですが、
荒涼とした風景が広がっていて、そこだけ空気がよどんでいます。
枯れたつたが絡まり、いまにも倒れそうなアパート。
まえには勝利の女神、ニケ像もあって、それなりに潤いがありましたが、
撤去されてしまいました。
だれも住んでいないのでしょうか。
幽霊アパートなのでしょうか。
大きな宇宙から見たら、ちいさな家がひとつこわれたくらい、どうってことないのだな、というふうに解釈できる句かもしれません。

コスモスは、何も知らずにただ可憐に咲いています。
秩序や調和、美を象徴するコスモス。
育てているのは、高校生のみなさん、だそうです。
薄桃色で、花弁がはっきりしていて、匂いがあまりないコスモス。
花言葉が「美しさ」なのは、可憐でありながら、こんなにハッキリと自己主張しているからでしょう。
  ヤマトナデシコと、ちょっと似てるかも。

コスモスの花が枯れる頃には、年が明けます。
来年もまた、コスモスの花を見れるでしょうか。
鬼が笑うかもしれませんね! クワバラクワバラ……。

posted by 岡野なおみ at 07:14| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: