2018年12月07日

すっかり冬ですね!

すっかり冬ですね!
今年の酷暑がウソのように、毎日ふるえあがっています。
近所にある畑も、すっかり冬です。

畑にあるイチジクの枯れた木と、青い植物が好対照です。
あまり植物に精しくないので、
この青い植物の名前が何か、
知らなかったりします。

近所の人と話すときは、「寒くなりましたね」が合い言葉。
風邪を引いて通院したら、
「最近、患者さんが多いんですよ。
やはり急激に気温が低くなったせいでしょうね」
という話が出ました。
ラジオのリスナーのお便りでは、
「晴れてほしい、広島菜を干すのに日が照っていないとこまる」
といった内容のメールが放送されていました。
漬け物で有名な広島菜って、日干しにするんですね!
知らなかった……。
ご近所の畑では、どんな作物が育っているのでしょうか。
イチジクや広島菜ぐらいならわかります。
この畑にも、イチジクが生えています。

日本には季節があります。
衣替えがあったり、こたつを出したり入れたり、夏には扇風機やエアコンにありがたさを感じたりしていました。
冬は、植物が枯れたり、水鳥たちもさみしそうで、気分的にもブルーもになります。
時間がどんどん、短く感じるようになっているのは、糸井重里によると、
「すべてがコンピュータ処理されているために、スピード処理が当たり前になっている。「遅いぞ、わたし!」と思っちゃうのはあたりまえ」
ということなのですが、

年を取って、やることなすこと、のろのろしちゃうのはしかたないこと。
コンピュータは、速い処理能力が得意です。
しかし、国語など、文脈や空気を読むことが出来ないのです、いまのところ。
速さだけがだいじじゃない。
季節にも、それなりのスピードがある。
なかなか春が来ない、とコンピュータ化された感覚で季節を感じてもしかたないこと。
いまのところ、ムリヤリ、自然を組み伏せるコトはできません。
気象コントロール装置なんてのができたなら、
きっと核兵器より怖いことになるでしょう。

子どもの成長も、自然とおなじです。
スマホや家電に話しかけるように、すぐに反応してくれるのは、子どものすることではありません。
それぞれ、悩みや歓びがある。
最近では、AIの先生が、学生の勉強について、助言をすることがあるそうですが、
でも、AIには、子どもや親の悩みや苦しみは、解決できません。
「遅いぞ、わたし!」
と思う前に、
「育っていく自分を楽しむ」、というのも大切かもしれません。

早く育つ木は、早く腐ると言います。
コンピュータの検索エンジンでAIが使われる。
株式投資に、AIが使われる。
どんどん、社会のスピードが速くなります。
ふと、コンピュータに頼りすぎる危うさを感じるのは、わたしだけではないでしょう。
もう師走、忙しいのは分かりますが、少し立ち止まってみませんか。

posted by 岡野なおみ at 06:27| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: