2019年02月01日

いだてん #04

2月になりました。梅があちこちで咲いています。
紅梅の花言葉は、「優美」。
白梅の花言葉は、「気品」です。

というわけで、いつものとおり、「いだてん」の感想、行きます。


とあるサイトによると、
いだてん4話「小便小僧」は昭和19年に発表された上林暁(かんばやし あかつき)の短編小説
なのだそうです。やっぱり文学縛りだね。

今回は、あまり面白くありませんでした。なぜだろう、と考えたんですが、
ビートたけしの滑舌が悪くて、セリフがよく聞き取れない、というのがひとつ。
第一話で話したことをくり返していて、前進していない、というのがひとつ。
せっかくシャーロット・ケイト・フォックスが出てるのに、通訳の役目なんかさせちゃって、
ファンの人ががっかり、というのもあるかもしれない。

水抜き・油抜きという前時代的なスポーツ特訓法を
はじめて知りましたが、
わたしが子どもの頃は、たしかに 運動中に水を飲むのは
根性がない、と言われてましたっけねー。
この番組のラストで、青山学院大学の人が、「伝統は大事だけど
なによりスポーツを楽しむことが大切」 って言ってました。
そのとーり! (ピアノ売ってちょーだい♪)

足袋の職人播磨屋に、「どこの人」と言われた四三が、「熊本」と答えると、職人が
「阿蘇」
というのはコケました。落語の 「芝浜」 も面白そうでしたが、酒を飲みたがる志ん生のセリフが(TT)
古今亭五りんの関係者が、四三とも関係のある 播磨屋っぽい話が出てきて、
そろそろ、志ん生と四三の間になにが絡むのか、
わかってきてほしいんでありますよ。

そうそう、先週言うのを忘れてましたが、
第3話に出てきた 「不如帰」(ほととぎす)の劇には、
お手玉の手まり歌があるんです。
一かけ二かけ三をかけ、の節回しと同じメロディです(わたしが教わったのはそれだった)
興味のある方は、検索かけちゃってください。

にしても、語りが未來くんとビートたけしだもんなー。
こりゃ、混乱するわい。
このドラマ、成功するのかな。心配になって来ちゃったよ。

posted by 岡野なおみ at 08:24| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: