2018年02月14日

バレンタインデー

choko005

今日はバレンタインデーです。
チョコレートを、異性にプレゼントする日のはずですが、最近は 『ごほうびチョコ』 とかで、自分にチョコを買う女性が増えているそうです。
わたしが夫とつきあっていたときは、「チョコを作ってくれよ」 と言うので、板チョコを溶かして作ろうとして失敗。
焦がしまくったチョコをプレゼントして、がっかりさせたことがありました。
それでも愛想を尽かさなかったんだから、モノ好きな男だったのに違いない。

ところで、わたしが美容院に行ったとき、ハリーポッターの映画の話になりましてね。
「どこが好きだった?」
と聞くと、
「ホグワーツへ汽車に乗って行くときに、ロンと一緒にハリーが食べていた、あの蛙チョコがめっちゃおいしそうだった!」
と言っていました。
もちろん、ハリーはバレンタインデーに蛙チョコを食べたわけではなく、それまで親戚に虐待されて、チョコひとつ食べさせられなかったので、生まれて初めて食べるチョコの味に、すっかり魅了されてしまったわけなんです。
そういえば、わたしが子どもの頃、いちばんはじめに食べたチョコは、蛙チョコのような『チロルチョコ』 でした。
駄菓子屋で買える値段で、板チョコみたいに開けたら最後、まる1個、ぜったい食べなきゃならないわけじゃないので、気軽に食べられました。
チロルチョコの味は、幼いわたしにはぜいたくな味でした。
なにしろ、小分けにしたチョコが存在しなかった時代でしたから、おいしいとは思えない板チョコを食べるよりは、ずっとよかったんですよね。
わたしは親から虐待はされてませんでしたが、いつもガミガミ言われていて、うんざりしていたのも事実でした。
チロルチョコは、親の目を盗んで食べてましたが、そのときだけは解放された気分になったものです。

なんだか話がずれてきた。
バレンタインデー。わたしにとっては、夫がはじめての彼氏だったので、もっと大切に扱うべきだったとは思うのですが、その当時わたしの周りには、男がうようよつきまとっていて、乗り換えようと思えばいつでもだいじょうぶ、という状態でした。夫と結婚することは、想定外のことでした。彼は、みんなと同じように扱っていたので、特別に思ったこともありませんでした。
バレンタインデーというと、なんの見返りも求めずに、ただひたすら、
「いちおう彼氏なんだからサ、外聞のいいようにしてくれよ」
冗談めかして言ったことばを思い出します。
今年は夫とつきあって三十年。
なにかご馳走を用意した方がいいかしら?
プレゼントをみつくろった方が、いいかしら?
ほかのひとはどうしているのかは、わからないんです。子どものいない夫婦に知り合いがいないもので(汗)
かつては友人の中に、子どものいない夫婦もいましたが、伴侶をなくしてしまって参考になる意見が聞けなくなりました。
まあ、さほど気にしなくてもいいかな。
わたしが気を遣ってあれこれやると、お金がかかるからやめてくれって言われそう。

バレンタインデー、みなさんは、なにをなさいますか?
外国では、お互いにプレゼントをやりとりするそうです。
お花を妻に贈る夫。
新しいネクタイを夫に贈る妻。
なごやかな、暖かい光景が目に浮かぶようです。
でも、うちは花より団子だから、やっぱり食事を奮発するか!
今晩は、スーパーで買ったステーキにしよう!

そうやって夫は太るのであった。
イベントって、憎たらしい。

posted by 岡野なおみ at 08:04| Comment(0) | 日記

2018年02月13日

CMで失敗!

oosouji_soujiki

『越路吹雪物語』 を見ているので、昼間のCMはおなじみです。
よくぞここまで、いろんなひとが、いろんな商品を紹介するってほど、手を替え品を替え、購買意欲をかき立てようとします。
合唱サークルの湯山先生は、ジャパネットで購入した掃除機が吸い込まず、
「あー。お金を無駄遣いした〜」
と悔やんでいるそうです。
なので、わたしらはCMだけ見て、どんなに欲しくてもがまんです。
なかでも欲しいなと思うのは、シミ・ソバカスを退治してくれるアイテム。
夫が、『これはいいよ』 と買ってくれたのがあるのですが、CMを見ていると、こっちの方がよさげに見える。
ジャパネットの販売員、語りがうまいね。

有名な芸能人お勧めの健康食品というのもあります。
童謡歌手でもあり、歌謡曲も歌っている、とある女性シンガーがお勧めしているのは、サントリーの 『フィッシュオイル』。
昔たおれたことのある彼女は、この青魚を主成分にしたフィッシュオイルを、毎日飲んでいるそうです。
我が家もフィッシュオイルを飲んでますが、サントリーではなく輸入品。
ネットで購入した方が安いけど、高いモノのほうが効きそうな気がしますよね?
血液サラサラになる効能が同じだったら、安い方がいいに決まってるのに、女性シンガーが、力を入れて、
「これ、効きます」
と言うのを聞くと、もう、たまりません。

そういえば、こんな商品もありました。
コップになみなみとそそがれたその液体。悪役で有名な俳優さんお勧めの健康食品です。
コワい顔をして、一気に飲み干し、
「まずい! もう一杯!」
流行りましたねえ。
夫は、この宣伝に惑わされ、東京出張の時に青汁を飲んでしまい、
「げーっ!」
いくら健康のためでも、まずいものはダメだとげっそりしていました。
宣伝って、人を動かしますね。

CMは、あれやこれやと商品を並べるわけですが、なにを売っているのか判らないのもあります。
特に衣服や、靴なんかは、まったく関係のない画像が流れたりしてね。
音楽でイメージを喚起したり、キャッチコピーで主張する。
テレビやラジオからは、『これをお勧めします!』 という企業側のメッセージ。
あんまりいろいろありすぎて、刺激に慣れっこのわたしたち。
たまに昭和の懐かしいCMが、「タイムマシーン」 とかいう番組で流れたりすると、のどかさ、のんきさに、現代の秒刻みの慌ただしさを感じます。

CMでは、どれだけ有名な芸能人を使うかで、ターゲット層が決まったりします。
ターゲットにする消費者の年齢に沿って、採用される俳優や歌手が違うんです。
昼間のCMでよく見かけるのは、加山雄三ですね。
あのひと、ほかに仕事がないのでしょうか?
すでにでっぷりと太っているのに、健康食品の宣伝しています。
ヤクルトの宣伝をしていたのは、いまは亡き長嶋茂雄さんでした。
脳溢血で倒れたと聞きましたが、たしかヤクルトの効能は、『血圧が抑えられる』 新しいタイプのものだったはず。
どんなに毎日飲んでいても、ほかのところで暴飲暴食していたら、なんの効能もないのです。

最近の若者は、みんな同じような顔、同じような声、同じような笑顔、それがかえってターゲット層をひろげているようです。
声優の水島優さんが、「もっと個性を出すようにした方がいい」 と助言していましたが、平均的なレベルの方が、悪感情をもたれにくい。
身近に思えるし、すぐ手が届きそうなスターたち。
それだけに、なにを紹介していても、その商品のウリがよく判らなかったりします。
すぐ、忘れ去られてしまうインパクトのないひとたち。
  商品の自己主張も、ドングリの背比べになったりしているかもしれません。

posted by 岡野なおみ at 08:07| Comment(0) | 日記

2018年02月09日

カレー、外食しますか?

food_curryruce

カレーは、レトルト食品とカップラーメンと外食と手作りを食べたことがあります。
レトルト食品は、同棲時代に、ボンカレーを食べましたね。話の種になるだろうって。
このボンカレー。
最近、エースコックとのカップラーメンとコラボしたそうですが、どちらもわたしの好みじゃなかったなぁ。
甘すぎたし、スパイシーでもなかったもんね。
広島に来てからは、セブンイレブンが期間限定で発売していたレトルト食品、『金のカレー』 を食べました。
3人分がきっちり食べられたので、太るのが気になる人にはもってこいですし、おいしかったのですが、最近は見かけない。
コンビニって、そういうところがあるから、好きじゃねーや。

カップラーメンは、言うまでもなく、日清食品。カレーヌードルです。
日清食品のカレーヌードルの味は好きなんですが、ヌードルはイマイチ……。
夫は、出張から帰ってくると、このヌードルのビッグ版を食べてます。
わたしもたまには食べたいかも。

外食でカレーを食べたのは、CoCo1番館ですね。たしか、カツカレーを食べたと思った。
ただ、CoCo1番館のルーは、うちで作るよりとろとろの液体状で、お米もさらさらしすぎていて、やっぱり好みじゃなかった。
好きな人には申し訳ないんですが、うちで作るのが一番です。

で、うちで作ったのはいいんですが、失敗したこともありました。
いつも使う S&Bのゴールデンカレー大辛ではなく、イオンモールの安いカレールーを買って帰ってきた夫。
「スパイシーって書いてあるから」
でも、ゴールデンカレーほどスパイシーじゃなかった。まあ、安い割にはおいしかったけど。
「食べ応えがない!」
「スパイシーなんてウソばっかり!」
「おいしくなーい」 と文句を言いつつ、なんとか食べたあと、
「今後はぜったい、S&Bにしよう」 とみんなで話し合いました。
回し者モードです(汗)

カレーを作るときは、切ったジャガイモをレンジでチンしておきます。
切ったニンジンと玉葱を牛肉と炒め、分量の水で20分煮てから、いったん火を切ってルーを入れ、溶かしてから5分温める。
最後にジャガイモを入れます。
そうしないと、ジャガイモが溶けちゃうからです。
最後の味付けには、ケチャップ、オイスターソースと醤油を少し、チョコレート(ビター)とインスタントコーヒーを大さじ一杯、入れています。ルーだけだと味がいまひとつ、ボケてるから。
箱のルー半分で5人分作れるので、残った2人分は翌朝の朝食のカレースープに回します(牛乳で溶かします)。
作り置きしておけば、翌日は何もしなくて済むので、楽でいいんですが、
ひとつ忘れていることが。

わたしは ダイエットを しているんです!

カレーは太る!!!!
最近、カレーやシチューをする機会が増えていて、確実に年始より2キロ以上増えました。
カレースープに使い残した牛乳も、キャベツとソーセージのミルクスープにして食べるので、これも太ります。
あーん。おいしいものは太るー。

ちなみに、キャベツとソーセージのミルクスープというのは、ざく切りにした2〜3枚のキャベツと、斜め切りにしたソーセージ、櫛形にした玉葱を炒めてコンソメソースで煮て、最後にミルクを入れるというだけの、ちょー簡単な料理です。
でも、このところ、野菜が高騰していて、豆苗のお世話になりっぱなしですけれどね。

野菜の高騰と言えば、ニカラグアやグァテマラなどは、物資不足と物価高騰で悩んでいると言います。
世界は確実に砂漠化が進んでるのに、うちはなんて平和なことで悩んでいることでしょう。
  そのうち、バチがあたりそう。

posted by 岡野なおみ at 07:06| Comment(0) | 日記

2018年02月08日

ヤル気モード

study_night_girl

立春は過ぎましたが、冬本番。
春は名のみの風の寒さや。ほほに突き刺さる風が、手足をも凍り付かせています。
広島では零下19度になったこともある今年。地球温暖化ってほんとなの?
このあいだ、合唱サークルで、ノルウェーの北のある国が、ビザなしで入れるけど、
零下70度という寒さに驚いた取材班が、「寒くないですか」 と言ったら、「だいじょーぶ」
と言った、という話を、指導の湯山先生がなさってました。
3月8日が長く続いたまっくらな夜の明ける日で、その日は山へ登るのも行列なんだって!
そこに住む人たちは、その国でとれる良質の石炭を掘って暮らしているとか。
『人種差別もないし、みんな仲がいいですよ』 と言っていたそうです。
人間って、順応性がはんぱない!
そんな北の国に、フィリピン人まで移住しているとか……。
定職に就くにも、わざわざここまで来なければならないんだから、貧しいってたいへんですね。

貧しい、といえば、電気が通じない国の人たちのことを思い起こします。
南米とか、アフリカとか、中東とかでは、電気があっても安定してない。水道もろくに届かない。
日本は恵まれてると、よく言われます。
電気があるからこそ、民主主義制度が安定して運営できる、という面もあるようで。
その証拠に、世界の民主主義国家のほとんどは、電気が充分に行き渡っているところが大多数だという話を、
なんの本で読んだのか忘れたけど、書いてあった。
うーん、電力が民主主義を支える、ですかー。
すっげー脆弱な基盤だなぁ。と思うのは、わたしだけなの?
  北朝鮮では、電気が使えなくなるような爆弾を開発して、日本にぶっ込もうとしているそうです。
もし、電気が使えなくなったら、水道は使えません。下水も使えなくなる。
お風呂も無理だし、冷蔵庫もレンジも使えなくなる。
そんなことから、民主主義がなくなっていくのだとしたら、もしかしたら、我々にとって民主主義というのは、それほど『切迫して必要である』というものではないのかもしれませんねえ。
あと、外国人にとって判りづらいのは、日本的民主主義。
「なあ、キミ。アレやっといてくれ」
「はいはい」
仕事もこれでオッケー。
日本的民主主義は、電力がなくても充分機能すると思うけどねえ。
問題は、日本に来ている外国の人に、どれだけその 「あうんの呼吸」 が伝わるかってことだけど。

外国の人といえば、アジア系・中東の人たちは、いま、めっちゃ貪欲だそうです。
日本の技術を学んで、日本に追いつき、追い越せモード。
日本は、その国の伝統や血統ではなく、努力さえすれば、大学にも入れるし、企業にも勤められる。
日本語は難しいけど、ヤル気まんまんの彼らは、どんどん片言で仕事をしていく。
最近の若者みたいに、「勉強してないからできません」 とは、口が裂けても言いませんね。
わたしも、ごく最近、パソコンボランティアで、勉強していないことを相談されて、弱ってしまったものですが、わからないといって放り出したら気の毒なので、必死でやれるだけのことはやりました。
機械が壊れてなきゃいいけど(滝汗)
  わたしが、そんなことを言っていると、未開拓の分野ほどやりがいがあると夫は言います。
だれも手を着けていないところに最初の一歩を踏み出すのは勇気が要りますが、自分が必要とされていると実感できる。
いやはやまったく、夫や、若い外国人には、負けるなぁ。なにより、目の輝きがちがう。
夢を追いかけて努力する、その姿勢には、学ぶことが多い。
負けてられない! ほかの人たちは、どんどん夢を叶えていってるんだから。
自分を甘やかさないで、毎日コツコツやっていかねばならんでしょう。
そう言いつつ、朝、二度寝をするわたしであった。ダメじゃん。

posted by 岡野なおみ at 08:05| Comment(0) | 日記

2018年02月07日

調味料あれこれ:チリパウダーそのほか

illustrain01-hachimitsulemon

ダイエット効果がある、と言われて買った調味料の一つとして、リンゴ酢もあります。
水やお湯で薄めて蜂蜜を混ぜて飲むといいらしい。
でも、最近はまったくご縁がありません。
むしろ、レモネードを飲むことの方が多いかな。
夫がレモネードにハマっています。
いつまで続くか、こうご期待。

レッドペッパーにチリパウダーは、チリビーンズを作るときに必要。
レシピは以下のとおり。(4人分)
にんじん半分と、玉葱中一個と、ピーマン3個をそれぞれみじん切りにします。
フライパンにこれらの材料と合い挽き150グラムと大豆ひとかんを、オリーブオイルで充分いためます。
だいたい炒まったときに、トマト缶を丸ごと一個と粉末コンソメひと袋を入れて、15分ぐらい炒め煮します。
最後の仕上げに、チリパウダー大さじ2杯とチリペッパー適宜いれます。
汁気がなくなったら、できあがりです。

野菜がたっぷりとれて栄養価バッチリ。
ちょっとピリ辛なところが、わたしのオリジナルです。
玉葱をしっかり炒めてから、合い挽きを炒めるのがコツ。
毎日の料理が単調になってきたな、と思ったら、作っています。
冷えてる方がおいしいよ。

塩を中心とした調味料としては、イタリアンハーブソルトがあります。
ハウス食品が出してる、アレね。
これは、もともと、夫が『鶏の炙り焼きが食べたい』と言い出したことから、急遽、イオンモールで購入したものです。
この調味料は、イタリアンハーブソルトというだけあって、イタリア料理の香料が塩といっしょに入っているようです。ふつうに買ったら、かなり高くつく香料ですが、このソルトを買うと納得の値段で購入できます。
このソルトを、ブロイラーに振りかけてグリルで炙ってトマトなんかつけて晩ご飯にすると、喜んで食べます。
振りかけると、どばっ! とソルトが出てくるので、ちょっとかけすぎになりがちです。
血圧に悪くないのかしらん。

香辛料をかけて焼くので、炙っている間はいいにおいがします。食べるときにその香料が残っているかどうかは、食べたことがないのでわかりません……。
  一度は食べてみたいが、晩ご飯は食事制限中なので、がまんです!
えっへっへ。
意志が強いのさ。

塩こしょうと同じぐらいよく使う調味料としては、クレイジーソルトがあります。ふつうのキャベツとベーコンの炒め物には、このクレイジーソルトをかけることが多いですね。もともと、アメリカで発案された香辛料らしくて、ちょっとオシャレな気分になりたいときには、これが決定打です。

ここまで、うちで使う特殊な香辛料・調味料を紹介してきましたが、もちろん醤油やお酢やお酒、みりん、ごま油、オリーブオイル、ソース、ケチャップ、マヨネーズなど、ふつうの調味料も使います。
毎日違う食事を作るのが、日本の食卓のふつうの姿だ、なんて言っている本を読んだことがありますが、それをまじめにやってたら、とても仕事と両立はできないでしょうね、ふつうの人には。
妻にだけ料理をさせるうちの夫みたいなひともいるから、仕事と両立させるために悩んでいる女性は多いかもしれない。
でも、日本人が情緒ゆたかなのは、こういう女性の影の力があるからかもしれませんよね……。
フランスの人にとっては、家庭の味が
「ゆで卵」
だって話。別にフランス人が情緒ゆたかじゃないとは言いませんが、毎日のように外食や中食などしていたら、こころが荒廃しそうな気がしてならない(汗)

もちろんフランスといえば芸術の国だから、わたしの考えなんて常識的じゃないのかもしれないけれど。
調味料でそんなことを考えてしまうわたしを、クレイジーソルトで炒めてくださいませ。

posted by 岡野なおみ at 08:17| Comment(0) | 日記