2018年06月11日

文章講座 18年5月31日

kuwanomi

文章講座に行ってきました
前回、4月5日に講義がありました。その際 お題として、「出会い」 と 「わすれもの」 と 「でかけるまえに」 というタイトルのものが3つ、出されました。
わたしは 「出会い」 を選択して、以下のように 書きました。

伊勢の古代生物
わたしの実家は伊勢である。つまりあの、天照大神の祀られている場所。今から四十年前、わたしはそこで古代生物を目撃した。恐竜の時代より以前から生きている生物である。
その生物と出会ったのは大したきっかけではない。伊勢には当時、田んぼが沢山あって、わたしは妹とともに、よくその田んぼを訪れていた。それは夏の日だったので、稲が青々と茂り、さわやかな風が吹いていた。用水路がきらきら輝いて田んぼの中に水を運び、しおからトンボも飛んでいた。
その当時、農薬を使っていなかったためか、田んぼにはいろいろな生物が棲んでいた。おたまじゃくしは勿論、ゲンゴロウやメダカなどもウヨウヨいた。わたしたち姉妹は、ひとの田んぼだというのに、よくそういった生物をつかまえては、水槽で育てようとして失敗したものだった。
そんな折、わたしは見たのだ。
学校で習ったその古代生物。絶滅の危機にあるという、カブトエビの姿を。
カブトガニなら他県にいると聞いていた。わたしは信じられない思いでそのエビを見ていた。何か神聖なものを見たようで、小学生のわたしはその事実を大人たちに黙っていた。マスコミで騒がれるのが、いやだった。わたしだけの秘密にしておきたかったのである。
それから四十年。伊勢は田んぼが消え失せ、今は住宅地になっている。あのとき、わたしが一言大人と相談していたなら、どうだったろう―――
ちょっと胸の痛い思い出である。

第1稿がこんな感じですね。時間があったので、第2稿の方を提出しました。5月31日の講座では、原稿が返ってこなかったのですが、いまだに戻ってこないんです。どうなってるのやら。
三浦先生の、『ヤン一族の最期』 をチラ読みしました。原爆に遭ったネズミ一族の話です。そういう着眼点が面白かったです。
ところで、今回の講座で生徒さんの一人が 『桑の実』 を持ってきていました。庭に桑があるそうで、いま、大量に実っているので、「お裾分け」 ですって。
見た感じ、色はブルーベリーみたいでキャビアのようにつやつやしていて、大きさは2センチぐらい。一口食べると、さわやかな酸っぱさが夏の味でした。
童謡 「赤とんぼ」 の 唄になるぐらい、身近な実だったのでしょう。

  三浦先生のおすすめ本は、武井武雄の『お話の卵』。自分のことを知っている人は、これをおすすめするのはオドロキだと思われるだろうと言います。
いま、中央図書館でやっている ビブリオバトル ってイベントに、6人出なければならないんですが、一人病欠しちゃった。三浦さん、悪いけど出てくれませんか、と依頼が来たので、いいですよと応じたら、
「じゃ、どんな本を紹介しましょうか」
と言われちゃった。
なので、たまたま持っていた武井武雄の本を紹介することになってしまった、そうです。
武井武雄は、絵もエッセイも書ける人で、勉強するにはもってこいの人。
頭の体操のためにも、武井武雄を読んでみてはどうでしょう、という話。
そこでわたしは図書館で調べたけど見つからなかった。これは購入するっきゃないのかな。中古本屋にもなかったなぁ。新品は高いし。むしろSS のほうが勉強になると思われるんですけど。
あるいは、筒井康隆を読むとかね。

お題自由で書いた一枚のエッセイ
わたしは、その桑の実についてエッセイを書きましたが、お裾分けしてくださった生徒さんが、
「うちの息子の妻を『嫁』と書くべきか? あるいは『息子の妻』と書くべきか?」
と悩んでいました。
上下関係を感じさせる言葉は使いたくないのだそうです。
言葉に敏感な人。見習いたい。

posted by 岡野なおみ at 08:01| Comment(0) | 日記

2018年06月08日

ポケGO関連講演会の話(後編)

ミシガン大学の小児病棟でリハビリを行っている話
リハビリって、つらいですよね。毎日おなじことの繰り返し、いっこうに治らない足や手など……。
子どもたちは、リハビリに飽きてきます。
ひと月、ふた月、半年後にはすっかりベッドで寝たきりに。
病院側は、なんとかしたいと思っていました。
ところが、PokemonGOがダウンロードされると、子どもたちはベッドから飛び降りて、なにも言わないのに自分で進んで歩き出した!
モチベーションが高くなったらしい。

また、福井県にある、自殺の名所 東尋坊(とうじんぼう)、
ここがポケストップに登録されたため (Ingressのユーザーや、ポケGOのユーザーが登録申請するのです。
歴史的価値のあるもので、道祖神とかお地蔵さんとか、絵画などがあるそうです)
そのポケストップを目当てにポケGOの人たちが集まって来たのでした。
2017年までの40年間、毎年10〜30名は自殺者があったこの東尋坊。
ちょっと待ておじさん(自殺者を食い止めようと必死になっているらしい)
が止めるのもむなしく、ゼロにはならなかったのでした。
ところが、ポケGOが発表された2017年、自殺者はZEROになりました!
人が多くなることで、変わることがあります。
たかがゲームと笑っちゃだめよん。

観光・地域経済にも変化が
ラプラスを獲ろう! というイベントを東北で行った際、石巻市は20億円、移動効果があったとか。
鳥取砂丘では 3日間で8.9万人来場、18億円の経済効果が得られました。
鳥取ではその前の年に災害があって、風評で減っていた観光客が戻ってきたのです。
香川県では ヤドンというキャラクターで、ヤドン県というギャグを エイプリルフールでやったんだけど、香川県、気に入ったらしくていまだにやってるらしい^^;;

これらの技術には、同時通信という技術が使われ、約数千人が移動通信局でつながっている、というお話でした。

とま、いろいろ伺ってきたんですが、帰って義母にその話をしたら、
「東尋坊の自殺志願者は、人が多かったけぇ辞めたんじゃないの? ほかのところでやるよきっと」
「でも、様子がおかしかったら、声を掛ける人もいるかも。それがきっかけで思いとどまるって、あるかもよ?」
最近、他人に無関心な人も多いけどね。

合唱サークルの人に笑われた
講義があったのが金曜日。その日は合唱サークルのある日で、早退して出かけたのでした。
ひと言も断らずに出ちゃったので、
「お嫁ちゃんはどこ!」
「病院へ行ってしまった?」
と心配を掛けてしまいました。そこで義母が、
「PokemonGOの集まりに出かけた」
といったところ、
「若い人はしょうがないねえ」
と笑われてしまいました。
まあ、そんなもんです。
気晴らしになるのが合唱サークルしかないみたいに思われるのもね。。そもそもこの講座は、ちゃおとは関係ないんだから、断る必要はないと思ったのさ。混乱させちゃ悪いでしょ。
別のことを言ったり行動したりしたら叱られるからねえ。わたしにも逃げ道は、必要なのだよ。
(嫌なことから逃げてしまったなぁ。ダメ人間だね、わたし)

詳細は、ヤプログ! に載せておきましたので、興味のある方はどうぞ。

posted by 岡野なおみ at 06:55| Comment(0) | 日記

2018年06月07日

ポケGO関連講演の話(前編)

Niantic の 講座を聴いてきました。2018/06/01 (前編)
題して、「『PokemonGO』 などを活用した新たな観光誘致の形」
の、はずだったんですが、改題して、
「地域貢献へのNianticの取組み
PokemonGO と Ingress
代表取締役社長 村井説人」
となっていました。
村井社長は30代後半、Gパンに白いシャツ、日に焼けた肌の、ひじょーに腰の低い人で、わたしが Ingressの エージェントだと知るとハグしてくださり、
「写真を撮ろう!」
とおっしゃってくださいました。あり得ないほど、庶民的な人でした。
周りを見回してみたら、30〜60代のスーツ姿の男性陣……。女性はまばらに見えるだけ。

講演内容の資料はありません、とのことでした。
なので、メモ帳に必死でメモ書き。
ARを上手く活用して、地域活性化につなげたいという 関係者の方。
その前振りのあとで、村井社長の講義が始まります。
まずは 4分間のニュース映像をごらんください、とスクリーンに映し出されたテレビニュース (山陰放送の「テレポート山陰」 から、だそうです)
テロップに、<ポケモンGOのイベント、冬の砂丘に1万5000人超え>
と書いてあり、鳥取砂丘に長い行列が出来ている映像が、目に飛び込んできます。

茶色の砂にはりつく、蟻のような人々。
サファリゾーン IN 鳥取砂丘 ということで、ここにしか出ないレアキャラが出現するイベントが起こっているのでした。
トレーナーに扮した鳥取知事の平井さんが、「鳥取のトレーナーだからって取れんなーということはない。さっきゅうに 砂丘へGOだ!」
くだらんギャグに、会場の人たちは苦笑しています。

目を再びスクリーンに映します。
朝3時起きで大阪からやってきた女性は、「来てよかった!」。 「若い頃に戻ったみたいじゃのー」、と懐かしがるシニアの人。
時間でかわる ポケモンの種類を見ながら、「どうしても欲しい!」「バリヤードとアンノウンが獲れた!」
さまざまなトレーナーの言葉が流れていきます。
おつかれなことに、WiFiの荷物を背負って歩く人もいました。(関係者らしい)

冬の砂漠、冷えた身体を温めるにはどうするか。テントが張られているので、郷土料理でおもてなし。京都の人も満足しています。
ゴールデンウィークなみの渋滞対策をしたので、大した混乱もありませんでした。
ただし、駐車場は前日から満車状態だったようです。

その映像の後、村井社長のプロフィールを少し。
ナイアンティックの経歴も、触れられていました。
社是が、「ともに歩いて冒険する」。
というのも、現在 5700万人のうちの530万人が 運動不足による死亡である(心筋梗塞など)。
新しい技術とゲーム性によって、これを解決している、と彼は言うのでした。

Ingressの話も出ました。陣取りゲームで8年続けており、今度アニメ化されます。
PokemonGOは、2ヶ月で5億回ダウンロード。現時点で8億回ダウンロードされている、過去に類のないゲームです。
両者で共通しているものは、AR(拡張現実) というキーワードです。
ポケモンといっしょに景色や人物が映る、これがARだというわけじゃありません。
ARには、もっといろんな意味がございます。
(とはいえ、この話をし出すと長くなるので、わたしとしては、かいつまんでお話ししたいですね。後半に続きます)

posted by 岡野なおみ at 07:06| Comment(0) | 日記

2018年06月06日

ちゃお予行練習(3時間)

午後13:00〜16:00まで会場を借りて練習
29日に、ちゃお予行練習がありました。
ちゃお、というのは、たびたび日記で触れていますように、湯山先生の7つのグループの、定期合同発表会のことです。
3年に1度、無料で発表会をしています。(場所はR会館)
ことしの本番は 6月24日、午後13:00〜16時までです。
予行練習の当日(5月29日)雨が降ったのでバスが遅れることを予測して、昼食時間も考えて、2時間30分早いバスに乗って行きました。
ところが、乗客も雨もさほどでなかったため、予定より早く着いてしまいました。
商店街のちいさなお店、『ちから』 で ぶっかけうどん(冷たい方)と赤飯を食べました。
ぶっかけうどんは、半熟卵が入っていました。とってもつるつるしこしこしていておいしかった。
さて、早かったためR会館にいるのは、まばらな人たちばかりでした。
火曜日だったので、会館が運営している食堂などは、お休みだったりするのでした。
中区のこのあたり、食堂などはお休みの場合が多いですね。
R会館に着いたのは、12時でした(練習は13時から)。

12時から13時まで暇だった……
暇だったので、スマホを持ってくればよかった、とがっくりきていました。
人が93人来るというので、盗難を危惧したんですね。
スマホのなかには、本が入ってますから、1時間あれば読了できたはずなんですが……。
暇だったので、人間観察してました。
お世話係をしているわたしたちのサークルのリーダーは、ほかのサークルたちに、パンフレットなどを配っています。
その配られている人(Wさんというらしい)に、「このパンフレットの先生のプロフィールって、どうやってわかったのかしら」
と問いかけたら、Wさんは、サークルのリーダーで交渉上手のCさんに、質問をしに行きました。
すると、Cさんは、関係ない話で混乱すると わたしを叱ってくださいました。
同時にあれこれ出来ないのは、わたしもそうだから、気持ちはよく判る。

評伝みたいな形に
パンフレットのプロフィールを書いたのは、Cさんなのだそうです。いろいろ、大変だったらしい。
ちゃおが間近なのに、先生にいろいろインタビューするなんて、とCさんはブツクサ。
「なにを書いてるの?」 というので、「いろいろ」 と言っておきました。
パンフレットによると、ちゃお自体は6回目だそうです。
そういうことを 評伝みたいな形にして、書き残していけたらいいなと思ってるんですが、そういうことはまあ、追々、話していけばいいでしょうね。

そこまでする必要があるのかどうか?
評価されることに価値を見いだしていない湯山先生の性格に影響されて、みんな記録を残すという気持ちにはなっていない。
やっていることだって、ふつうの歌を歌っているだけだから、記録に残すなんて馬鹿げてるという説もある(笑)
でも、実はこの日、予行練習最後のほうで、二胡奏者(中国男性)が現れました。
彼は、カーネギーホールにも出演した一流の人です。
そういう人が合奏したいって言ってくるんだから、わたしたちのやっていることは、棄てたもんじゃない。
人間、いつかは死んでしまう。
それまでに、なにかひとつは残していきたいじゃないですか。
たとえ売れなくても、恥をかいても、ひとつを完遂することで、みんなが笑顔になってくれたら。これに勝る喜びはないのです。

posted by 岡野なおみ at 06:11| Comment(0) | 日記

2018年06月05日

K公民館の歴史散策(後編)

20180527_111329

昨日の続きです。
薬師如来堂
眼科専門の薬師如来。昔は三次藩の藩主のお庭だったそうです。なので、手水や花などがありますね。
まだ 05/27 なのに、もうあじさいが咲いていました。
美しい赤の色が映えていました。土はアルカリ性かな。

幸福稲荷
この辺の人たちが、大火や災害に苦しんだので、神頼みとして立てられたそうです。
ここは三次藩の役所と、幕府巡検視の宿所があった場所で、御茶屋敷と呼んでいたそうです。
信じるものは、救われる。

西楽寺
今回は、法会があったので 本堂の天井絵は 見られませんでしたが、この絵は圧巻だそうです。
牡蠣養殖に一役買った、「小林五郎左衛門」 の お墓もここにあります。
小林五郎左衛門は、大阪に牡蠣を売ることで、現在のお金で換算して2億円 稼いだそうですよ!

大釣井と地蔵尊
幸福稲荷でも触れたように、このあたりでは 歴史に残る大火が5回もあったので、お地蔵さんを作ったそうです。
で、結婚式の時にお地蔵さんを持ってくる。返すときに、よだれかけを新調する。
「お嫁さんが、居着いてくれますように」
という願いがこもっているそうな。
井戸の方は、街道を行く人々の飲料になり、火事になれば防火にもなったといいます。

神社とお地蔵さん
個人の神社を道に持ってきたらしい。お地蔵さんは、海を守るとされていました。
お地蔵さんは大好き。なんでもありってところが特に。

住吉神社
言わずと知れた海の神さま。常夜灯があるとかないとか……。
「郷土史は、言ったもん勝ち」 と ガイドさん。
証拠がなければ、声の大きい人が勝利するそうです。
歴史ってわりと、いい加減。

恵比寿神社
門のえびす の文字と、神社の えびす の文字が違う、とガイドさん。
よく判らなかったですが、門のえびすの方が、新しいらしい。
この恵比寿神社、あちこち移転しているようです。
神さまなのに、人間の都合に振り回されています。
罰が当たるよ。

竜宮神社
病を癒やす神社。手水が龍の目になっています。
ここでお祭りが行われ、子どもや大人が集まって 大きな賑わいになっていたと言います。

タチアオイ
12:00になったので、現地解散。竜宮神社からK公民館まで帰る道すがら、
タチアオイを発見しました。
季節は、もう初夏をすぎて梅雨になりかけています。
「来月は、どうしようかな……」
公民館の人が、ボヤいています。
「次の日の降水確率が50%だったら、取りやめってことにしたいけど、最近の予報はアテにならない」
「やっぱりドタキャン、いらっしゃるんですね」
「急に熱が出たっていうことなので……。仕方ないですよ」

今回は、前回の歴史ウォーキングよりはちょっとばかり詳しかったかもしれません。
次回は合唱サークルの発表会のため、参加できませんので、7月に参加することになろうかと思うのですが、同じコースだったらやめようかな。
といっても、ネタがないからなー。まあ、そのときに考えよう。

posted by 岡野なおみ at 08:05| Comment(0) | 日記