2018年04月18日

甘いお話

yume_man

甘いお話
セブンイレブンでの甘いお話。
http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1804/03/news111.html

7日にスイーツアンバサダーに参加
京都旅行中にスマホを見ていた夫がこのサイトを見つけてきて、「にゃんちゃん、やってみる?」 と。
まあ、投稿するだけならやってもいいかと加入してみました。
ただ、現時点では、セブンイレブンのスイーツアンバサダーとして、さほど活躍はしていません。
スイーツを買ってきては ツイッターやInstagram に投稿するだけで700万円払ってくれるっていうけど、
毎日のようにスイーツを買う必要があるし、どっちが得なのかよくわからん。
セブンイレブンのスイーツは好きですから、投稿するのはやぶさかではなく、ブログでも 触れるかもですが。
結局セブンイレブンにとっては、『損して得取れ』 なのかも。

地場企業との連携
ポケモンGOとも連携しているセブンイレブン。広島の地場企業、スーパーのイズミとも連携するというニュースも聞きました。
イズミと連携……。内心複雑……。広島のなかでは、イズミはそうとう力がある有名企業で、一流とは言わないけどそれなりの実績もありますから、セブンイレブンが目を付けるのは当然かもしれませんがねえ。
なんでもかんでも連携するのかなぁ。コンビニ運営って、それほど大変なのか。ホームページでは、簡単そうに書いてあるけど(汗)

ほかのコンビニの動向
わたしの近所には、セブンイレブンとローソンがあります。ローソンもスイーツ、がんばってます。
ただ、個人的にはローソンのスイーツよりセブンイレブンで、その上がファミマかな。
公民館のある山の中腹にファミマがあって、そこへ行くまでに3キロ以上あるので、歩くとヘロヘロになります。
ファミマまで歩いて行けば、ダイエットにもなるでしょう。
セブンイレブンよりは、ファミマがこういうことをしたらよかったかも。
ちなみにローソンはIngressと連携しています。ポケモンGOといい、ナイアンティック、やり手だな。

ビットコイン
そういえば、今年の1月に、歩くだけでビッドコインをもらえる、というRPG風位置ゲームの、「ビットハンター」というゲームに登録したんですが、その後別の企業の仮想通貨が流出する事件が起きて、どうやらゲームのほうもおじゃんになった模様。
わたしは、「ビットハンター」が(コインをもらえるかどうかは別として)面白そうだったので登録したのです。一度募集したんだったら、最後まで責任とってもらいたいもんだわ。
ビットコインなんて仮想コインだから、現実的じゃないって人もいるけど、株価なんて何億という数字が行き来して、しかも実際にそのお金を見た人はいないわけですから、一種の仮想通貨と言えるかもしれない(言い過ぎかもしれんが)。
とはいえ、ナイアンティックの意識高い系の企業風土にはかなわないけれどね!

アースデー
https://japanese.engadget.com/2018/04/04/go-4-22/
  このサイトでおわかりのように、ナイアンティックが、4月22日のアースデーにポケモンGOで参加した人に、バーチャルでプレゼントするって言うんですよ。
企業って儲けることしか考えない集団ですが、徳があるとイメージがよくなります。
腐っても鯛っていうからな(違)
誘惑も多いでしょうし、実際、お金が儲かってるのかどうかよくわからん面もありますが、遠い目標があって、そのために邁進する企業、というのがわたしのナイアンティックへのイメージ。
だから課金も、多少はします(いままで1,200円したかな)。

スイーツでお金儲け?
なので、太ること必至で懐ばかり痛むような気もするスイーツアンバサダーは、関心はあるけどそんなに熱中しないかもしれません。お金を儲けるにしては簡単すぎるし、うまい話には裏がある。

妹の件で懲りているのですよ、わたしは。

posted by 岡野なおみ at 07:09| Comment(0) | 日記

2018年04月17日

雑ネタあれこれ 2018/04/17版

DSCF0521

トレビの泉
銀閣寺での出来事。魚の住む泉にコインを投げてるのを見て運転手さんは、
「銀閣寺も、まんざらじゃないのかも。やめろと看板に書けばいいのにしていないから」
魚がコインで死ぬのにと怒ってるのでした。
視点が斜めですねえ。

カメの島
同じく銀閣寺の出来事。銀閣寺の庭にカメの島がある、という運転手さん。頭が左側で、尻尾を立てて水に沈もうとしているところだ、と言うのです。
カメといっても島の形がカメに似ているってだけ。
面白いけど、だからなに?

行待さん
丹波のほうでは有名な名前。京都に行ったとき、自由行動の7日に使ったタクシーの運転手さんの名前で、外宮内宮もある元伊勢というところに行って待て、と言われて待った、というのが名前の由来。珍しい由緒ある名前だけれど、継ぐ人がいない。ちなみに ゆきまち と読むそうです。
行待さんは、「ほかにも珍しい名前の人はいるけれど、継ぐ人がいなくてつぶれているのが結構いる」 と言っていました。
タクシーの運転手さんは、いろんなことを知っています。

足から衰える
4日のRCCラジオ 『ごぜん様さま』 で、役に立った授業がテーマだったんですが、リスナーの投稿で、
「数学はダメだったけど、先生の、『人間は足から衰える』 というのは覚えてる」
というのがありました。横山雄二アナウンサー(MC) は、先生から 叱られたことは覚えてるけど、ほかは全然覚えてないそう。
気の毒というか身近に感じるというか。

  HP作り
パソコンボランティアで町内のカルガモ会(仮)で、ホームページをつくろう、という気運が高まっていることは以前申しました。
その後なんですが、わたしの知らないうちに、カルガモ会の活動がどんどん増えていって、挿絵も増やさねばならなくなり、そのぶん無料フリーイラストををゲットしなくてはならないのです。そのイラストがなかなか見つからなくてね。自分で描ければ言うことないんだけど、描けないしさ、友だちにプロの漫画家、たらさわみちさんがいるけど、こんな小さな仕事をボランティアでしてもらうのは悪いしね。(相手は絵を職業にしてるんですもの!)
だんだんやる気が失せてきました。更新に次ぐ更新、ちゃんとやっても文句を言われたりするし、やって意味があるのかな。
  今後は更新はお断りしなくちゃ。

文章講座について
やさしい文章講座というので行ったわけですが、やさしいというわりには初心者には難しいんじゃないかな。500文字でテーマを決めて書け、なんてむちゃですよ。わたしもとっさに、『出会い』を選んでカブトエビの話を書いたけど、ほかのどれもがとっさに出てこないテーマばかりですからね(でかけるまえに、とわすれもの、の二つがそれ)。
初めて文章を書く人は、一時間持ち時間があったけれど、「持ち帰って書いていいですか?」と質問していました。
そこで先生は、
「ほかのテーマも書いてきてくださるならいいですよ。ほかの人も書いてきてください」
わーん。巻き込まれたよー。
いまの段階で、わたしのテーマは『でかけるまえに』と『わすれもの』。アイデアとしては、でかけるまえに、は、天気をチェックする話を書こうと思ってるし、忘れ物はIngressでわすれものをした話をしようと思ってます。そして肉筆ではなく、パソコンで印字します。
いま思うとわたしのカブトエビの話、誤字脱字がいっぱいあったな……。1時間で書く訓練を毎日続けなくちゃ。

WBS放送なし
今月に入ってから、WBSが広島では放送されなくなりました。残念。
トレたまとか、面白かったんですがね……。見逃し番組月額500円で見られるって言いますが、そこまでの魅力はない。
WBSもふつうのマスコミと同じ論調だったから、お金を払う価値はなさそうです。
政府の陰謀で法律ができたから、テレビが面白くなくなっちゃった。ばからしい。

posted by 岡野なおみ at 07:53| Comment(0) | 日記

2018年04月16日

新アニメ版銀英伝鑑賞日記#01

teacher_english_woman

2018/04/08、新アニメ版銀英伝見ました
京都帰宅翌日午後、銀英伝の新バージョンを見ました。
最初のほうから見てみると、原作とも、旧バージョンのアニメ版とも違っています。
そもそも原作ではラインハルトはこの時点で、ヤンの存在を知っていたはずですし、
たしかヤンが有名になった事件(軍人が民間人を見捨てて逃げたのをヤンが囮にして民間人を脱出させた)の話もあったはず。
それなのに、現時点のアニメでヤンが有名になった話を削除するのはどうしてなのか、よくわかりませんねえ。
まあ、今後どうなるか、楽しみにしていますけど。

ハンサム!
キャラデザインが昔の銀英伝をベースにしているようで、カッコいいのはおなじみですが、ヤンがやたらとハンサム!
夫はそれが不満なんです。
「ヤンはダサいのが持ち味」
庶民的だったのに、なんだか遠い存在になったみたいだと思っている様子。
声は富山敬がいちばん! だと言ってましたが、亡くなられているんだからー。

第二話は未見
昨日続きを見たんですが、急にミステリーを書かねばならなくなり、第二話についてはまだ書けません。
今日はそういうわけで、ちょっと短めですが、小説をリライトしなければならないのでこの辺で。

posted by 岡野なおみ at 05:38| Comment(0) | 日記

2018年04月13日

京都行き(3/3)

DSCF0543

翌日は、自由行動。
すぐに東映太秦映画村へ行きました。ところが、乗っていたJRの切符が行方不明になってしまい、大騒ぎしてわたしのバッグの中で発見。さんざん笑われました。
うえーんTT
ともあれ、駅からタクシーに乗って映画村へ。そこでは、すでに営業が始まっております。中村座ってところで、大道芸の『南京玉すだれ』をやっていました。

南京玉すだれ
女の人が当時の薬売りの格好をして、玉すだれの芸を披露しています。
浦島太郎の魚釣り竿。
大きな門構え。
橋もあれば、金のしゃちほこもある。
たかがすだれと思っていたら、侮れないバリエーションです。
「やりたい人!」
という芸人の声に呼応したのが、中国人らしき女性の人。
スマホで恋人らしき人物に写真を撮ってもらい、そのまま浦島太郎の魚釣り竿を学んで、立派に芸を披露するのでした。
みんな大拍手です。
15分が、あっという間でした。

実際に演技も見られる
映画を撮るときの裏話的なイベントも見ました。新選組が悪者を退治するというストーリー仕立ての演技で、監督が演技者にいろいろ指導するんですが、これがかなり笑える。
さすが関西地区はお笑いが得意ですね。
新撰組のにーちゃんがチャンバラをしているときに、観覧していた子どもが、
「おにーちゃんがんばれ!」
って応援していたのが可愛かったです。

サスケ
忍者のサスケが、豊臣秀頼を助けようと奔走するアクションも見ました。
特殊効果満載の、ドキドキもののアクションです。忍者なので、跳んだり跳ねたり階段から落ちたり、見ているこっちが疲れてきそう。義母なんか
「立って見るのはつらい」
と言って、空いている席にさっさと座ってしまいました。
このアクション演技も、ヨシモト風の笑いがあって、わたしとしては満足でした。
ヨシモトには、一度も行ったことはないんですが、テレビではよく見ますからね。
発音がハッキリしていて好印象。
やはり日本語はハッキリしてほしいですね。

昼ご飯
昼食は、湯葉どんぶりを食べました。
外食していて驚くのは、どこの店もおいしいんですよ! こういうところはあまり期待できないと思っていただけに、うれしくなりました。
近所にUSJがあるからかな(笑)

写真
この村で写真を撮っている人はいなかったので、たぶん撮影禁止なのでしょうけれど、多少はいいだろうと忍者の像とかお馬さんなどを撮りました。あと、舞妓はんのコスプレして写真に撮ってもらいました。外は歩けないそうで残念。キーホルダーにもしてもらうと、義母も夫も、
「太った舞妓はんじゃのー」
ほっとけ!!!

龍安寺
そこを出てりょうあんじに行きました。石庭が有名。ワビサビな空間を眺めつつ、夫は、
「山口の石庭のほうが広い」
比べてどーする。

晴明神社
夫のかねてからの要望、晴明神社に行きました。そこで彼の願ったことは、
「コンピュータの技術力の向上」
わたしも、
「作家としての技量の向上」
をお願いしました(お守りも買いました)。
小さい神社なのに人が一杯!
だけど外国人は一人もいませんでした。

豚まん買って帰宅
帰りは551蓬莱で海鮮焼きそば。わたしはカリカリ麺ですが、夫と義母は柔らか麺。どちらもおいしかったとお互いに言い合いっこ。豚まんを買って帰り、合唱サークルへのお土産は八ツ橋に決定。

疲れたけど、たのしかった!

posted by 岡野なおみ at 05:57| Comment(0) | 日記

2018年04月12日

京都行き(2/3)

DSCF0530

  お寺巡り
お寺巡りをしているときに、義母が身体障碍者で、わたしが精神障碍者だということで、拝観料の割引(寺によって割引率は違います)があると運転手さんが教えてくださいました。教えてくださって助かった。拝観料、馬鹿にならないからねえ。
ちなみに清水寺は、修復工事中。舞台から飛び降りることができるかと見下ろしてみたら、ひどく高い。
「江戸時代には、お百度参りしたあとに飛び降りた人が多かった。生存率は八割ぐらいだったようです」
と、運転手さん。

極楽へ行くか? 地獄行きか?
人間界にいるときだけは、罪を罪として感じることができる、という説を唱える運転手さん。動物だったら獲物を獲っても、
「昨日の獲物のほうがうまかったな」
と思うだけかもしれないが、人間はそこに罪を感じることができる。
即身成仏で木の実だけを食べて修行して仏になるという行があるが、木の実は食べられるために成っているからいいのだ、というのが定説だ。もっとも、それも人間の都合のいい説だろうけど。
なんて言ってます。
不可知論者な運転手さん、わたしを眺めつつ、
「極楽へいっしょに行きましょう」
というので、
「天国がいいなー」
と応えたら、
「仏教には天国はありません」
「でもわたし、クリスチャンだもーん」
「―――日本じゃ、地獄行きですな」
がちょーん。

珍しいサクラ
義母が歩きつかれて、
「もうホテルに行きたい」
と言い出したため、
「じゃあ、あと1個だけ見て終わりにしましょう」
それが大報恩寺でした。
なんとそこには、全身緑色のサクラが咲いているんです。
その名も御意黄(ぎょいこう)。
それだけでなく、真ん中が緑色になっている、不思議な桃色のサクラも咲いていました。
http://kyototravelnoosusume.hatenablog.com/entry/senbonsyakadosakura2015
こちらには、大報恩寺の由来などが書かれています。ツッコミどころ満載の伝承があるお寺さんです。

足が痛いと言いつつ、ホテルへ
松栄というホテルに泊まりました。きれいなホテルで、増築したためエレベーターが複雑でしたが、それ以外はさして問題はなかったです。食事もおいしかった。量はハンパなかったけど!
そういえば6日の昼に湯豆腐を食べたのですが、このお店の湯豆腐も、おいしかったけどめっちゃ多かった。ほかに付け合わせがあったから、完食するのがやっとでした。お店の名前、聞くのをわすれてしまった。

お風呂
生ビールを飲んで、すっかりできあがってしまいました。フラフラしつつ、お風呂へまいりますと、ここは温泉ではないものの、サウナも露天風呂もあるとのこと。
まー、京都だから温泉はないわな、と夫に言われてしまいました。そうなのか。知らなかった。
大浴場はお湯加減もちょうどよく、水の質もよくて大満足!
ジェットバスで足のツボを刺激していますと、
「のぼせたー」
となって、少し早めに脱出しました。

その夜は、8時半には寝てしまっていました。普段9時頃に寝てるけど、8時半は子どもが寝る時間だわ。

ポケモンGOできず
6日も7日もポケモンGOができませんでした。観光旅行先でゲームというのもね。
ただ、図書館の本は持っていきました。西澤保彦さんの『解体諸因』です。カクヨムの日記読者に勧められたので、いっちょ読んでみるかと借りました。
新幹線で読みたかったけど、揺れて酔いそうだった……。
旅行先でも読む暇がなかったな。
まあ、14日までに読了すりゃいいんだけど。

posted by 岡野なおみ at 05:45| Comment(0) | 日記