2018年12月04日

このごろ落ち込んでます

カクヨムのWeb短編集への参加は……
すっかり冬ですね! リンリン鳴いていた虫もぱたっと声をなくし、
空は秋晴から冬の曇天が続くようになりました。
そんなこんなで、カクヨムのWeb短編集への参加、
昨日ゆうがたにUPしたところ、エクセレントを1つ、獲得しました!
https://kakuyomu.jp/works/1177354054887697616

昔から、わたしは人に合わせるってことが苦手でしてね。
自分だけの世界を大切にする、と言えば聞こえはいいが
自己中心主義すぎているんです。
娯楽作家向きじゃないかも……。
宮崎駿は、自分の世界をうまく演出して、名作をヒットに変えていきましたが、
わたしはそこまでの才能がないのです。(ていうか、こだわりがないっていうのか…… 安直なんだな)
そもそも、出発時期が遅かったなと、ほぞをかんでいる状態。
まぁ、以前と比べれば、ストーリー展開に破綻がなくなってきたのはいいかもしれない。

自分の世界とは?
糸井重里さんの世界は、娘さんのお子さんの話とか、
身近で気づいたこと(トイレの話など)、といった、
わりと、身近な話題が多い気がします。
ひるがえってわたしの日々の事柄を見てみると、
あちゃー。
日記と言うには、あまりにもお粗末すぎるねー><
自分の世界を確立し、自己表現する、というところまでいけば、
注目されるかもしれませんが、
そこまで行ってない(突き抜けてない)から、
退屈な日記になってる気がする。
公開日記なんだから、読む人のことも考えなくちゃねー
と思いつつも、
自分の中身のなさに忸怩たる思いにとらわれます。

ライトノベルは好きだけど。
はじめはライトノベルが好きだったので、そっち系の作家になろうか、と思ったこともありました。
しかし、毎日のように、この日々の事柄を書いているうちに、
自分にサービス精神が足りないことがわかってきました。
サービスしたくても、自分が満足しちゃってるから、他人への気配りに欠けるんだな。
恵まれすぎて、なにが不足しているのかわからない。
つまり、自分のなかの 貪欲さ ってものが
欠けているのであります。
なので心の穴を一時的に埋めるライノベを、わたしに書けるとは思えなくなってきた。
児童文学に、転向しようかなー。
カクヨムの児童文学は、娯楽系だからムリぽだけどね。
面白い、ということの追求は、
この時代には、なかなか大変なもの。
万人ウケする、とまではいかなくても、
ある程度売れるお話を書かなくては、作家としては失格です。

わたしは、どんなジャンルの作家になるべきか。
改めて、自問しているところです。

posted by 岡野なおみ at 06:28| Comment(0) | 日記

2018年12月03日

朗読会、拝聴する

去る2018年11月24日、Tさんの朗読会におじゃましました。
Tさんは、いつも背筋をぴん! と伸ばした、武士の娘みたいなお方ですが、
合唱サークルではいつも、お世話になっております。
朗読会はいろんな話がありましたが、特に印象に残った話を、2つほど。

『おしの』
芥川龍之介らしい、描写と端的な表現。
キリスト教への批判が痛烈で、
「釈迦やお地蔵さんを批判するけど、イエス像も偶像だよね?」
「死ぬときに、神に見捨てられたって嘆いたよね?」
なんて迫ってくるようでした。
イエスは磔刑で死んだわけですが、弟子たちによって『復活した』と言われています。
「死よ。おまえの勝利はどこにあるのか。死よ。おまえのとげはどこにあるのか」
  神父が、おしのにこのことばを言わなかったのは、それなりの意図があったのでしょうね。
復活という理性では信じられないことを信じるのが宗教というヤツです。
  仏教にも、理性では信じられない 「輪廻転生」 や 「他力本願」 を信じる人もいます。
クリスチャンのわたしにとっては、弱虫なイエスを信じるのはバカか、と言われたようで、
同じクリスチャンで悪に敗北した父のこともあるし、「イタタタタ」って感じですね(笑)

『黄金風景』
おけいのことをさんざん愚弄してきた太宰治が、おけいの寛容の精神に
「負けた」
と実感するシーンです。
「あなたがたを迫害する者のために祝福を祈りなさい。祝福を祈るのであって、呪ってはなりません」。
聖書には、そんなことばが書いてあります。
太宰治は、イスカリオテのユダの視点からイエスを描いた、『駆込み訴え』みたいな作品も作ってますし、そうとう屈折している。
おけいに対しても、『負けた』、と思いつつも、
自分もそうありたい、とは思ってないフシがある。
善良である、というのは、人を罪に追い込むこともある。
おけいが善になったこの話は、太宰治が自分の中の悪党を実感し、罪を自覚する話です。
すっと読むだけではくみ取れないなにかが、あるのかもしれません。
  朗読者の脇に海辺の絵画が置かれていたのが、想像をかきたてられました。

宗教は、文学のモチーフになるのですが、
イスラム教を批判すると、テロに遭ったりするので気をつけてね。
キリスト教も、右翼な人にとっては、芥川龍之介や太宰治は、
目の敵になってるかもしれません。

日本は多神教で良かったかもね。でも、最近は一神教の影響を受け、悪いところが目につきます。
都市化が進んでるから、かもしれない。
もっと大きなこころで、人と付き合いたいモノです。

posted by 岡野なおみ at 08:25| Comment(0) | 日記

2018年11月30日

11月末反省記

2018/11/01、PTPが電撃大賞に漏れました
特別賞がもらえるか、と期待したものの、結局ボツになりました。
メフィスト賞にでも、投稿するかな? (リライトの必要があるとは思うけど)
それとも、早川に投稿するかな?
まようー

2018/11/03日、04日
名古屋の友だちに会ってきました! ひさびさの名古屋!
ずいぶん変わったね、と友だちと盛り上がる盛り上がる。
個人情報のため、いろいろ話せないこともありますが、
なんであれ、楽しかったです。
ひとつ学んだこと。
妹のことは憎いけど、もっとこころを大きくしなくちゃ。
彼女は 悪い人の片棒を、知らないうちに担いでしまっただけ。
善悪の区別がつかない人なんだから、仕方ないよね。
他山の石ってことで。

2018/11/16
金藤 理恵さんの講演会を聞きに行きました。
ありがちな 説教くさい話でしたが、
話の持って行き方に工夫があって、面白かった。
この講演会の3時間後にカルガモ会(仮)のHPを引っ越しました。
ブログが面白く書けなくて凹みました……TT
  22日から、毎日書いています。
近所の話が主になります。
ネタがなかなか、見つかりませんが!
糸井重里のほぼ日を参考にしたいかな。

2018/11/17
Ingressミッションが、ゲームの不調でなかなかできず。
Primeって、意味分かんない。
だって、写真を撮って送れないから経験値が稼げない!
とは言え、
イングレス日記、アクセスは以前より増えているようです。
もっと面白い日記を、書きたいところ。
描写をしつつ、個性的な見方が出来たらいいんですがね……。
ふつーの日記しか、書けないからなー。
体験していることは普通じゃないんだが
そのまんま 書いているところが ありふれてるんだよねー><
せめて さくらももこ ぐらいには なりたいですわ。
身近な話題で面白く書きたい。
もうじき クリスマスもやってくるし!
子どもがいないのが一番のネック。

2018/11/24
合唱サークルなかまのTさんの朗読会、行ってきました。
信仰している人にとっては、大切なモノを批判されるのはキツいんですが、
たいていの日本人はそのへんを踏みにじります。
おたがいさまです。(仏教だってバラモン教などを否定して出来たし……)
宗教の怖さは、嫌ってほど知っているので、
感想は軽めに書いておきました。
マインドコントロールって、あるよね(おたがいに)。

2018/11/27
フォロワーが50人から49人に減りました。ま、それほど魅力的でもない
自分の世界でのできごとや趣味の創作を書いているんだから、
当然といえば当然です。
プロになりたいなら、傾向と対策を考えなければなりません。
これでいいのか自分。
売れる作家がうらやましい。
「好きだーったのよ あなた 胸の奥でずーっと−
もうすぐ わたし きっと あなたを振り向かせる〜」
切実だな(笑)

2018/11/28
廿日市(はつかいち)へ、映画を見に行きました。
来月、詳細を話せるでしょう。
3本立て続けに見たので、疲れました……。
帰宅したのが夜6時半でした。
夫が帰宅してなくてよかったですわ。
義母が、原作の筋などを教えてくれたので助かりました。
全体的に、暗めなお話が多かった気がします。

posted by 岡野なおみ at 06:16| Comment(0) | 日記

2018年11月29日

金メダリスト、近所に来る! (最終回)

努力するのがムダというわけではない
もがき苦しむことは大切です。一歩を踏み続ける。
夢が叶わなくても、何かをつかむことができる。

というわけで、夢に近づくノウハウは
自分がやるべきコトを書き出す
目的と目標を区別する(なんでそういう目標なのか)
なんでそう思うか? 到達したとき、どうしたらいいか? どうすべきか?

後悔と反省の違い
後悔は、ああすれば良かったといつまでもグジグジ思っていること。
反省は、次に活かす。必ず良かったことを見つける(ムダにしない)

気分転換その2
説教くさい話が続いたので、突然いろいろな世界一の話が出ました。
まずは息止め。22分。                            ピアスは6,000個以上。
世界一速い航空機は、1時間に12444km  長いプールは1013m
背の高い人は、272cm                           体重の重い人は、727kg

自分にはこんなのできない、と思っても、
1週間、1ヶ月がんばってやる。
わたしは6年間、ベストタイムができなかった。
でも、わたしが言うことがすべてではない。色んな人の意見を聞いて、自分だけの正解を、
探して欲しい……。

ということで、講演会は、終わりました。
若いっていいね、伸びしろがあって。
わたしはもう、腱鞘炎と肩こりでこれだけ書くのがやっとだよ。

本来なら、自分の意見も書くべきだろうけどさ。
まあ、水泳がきらい、楽しくないって言ってても、6年間頑張れたんだから、
ほんとは大好きだったのではと思うのだよ。
嫌い嫌いも好きのうち。

#金メダル #オリンピック  #金藤 #水泳 #講演会

posted by 岡野なおみ at 07:29| Comment(0) | 日記

2018年11月28日

金メダリスト、近所に来る! (3/4)

コーチの話
雑学の鬼! 調査の鬼!
なんでだろう? どうしてだろう →調べる
熱意・情熱・諦めない人・こだわる・出来るまでやり続ける

一つの姿勢のために、数十種類のパターンを使い分ける
「わたしのことでしょ、ほっといて」とコーチに言う金藤
「やれ。とにかくやれ」コーチ。
ホンネは、「こんなの教えたくない!」
だけど、自信のないままステージに行かせたら、こいつの人生は負け犬になる
コーチは、そんなふうに思って、指導にあたってきたようです。

ひとしきり、コーチとの口論の後で……
いい人との巡り会いがあった。
指導者や応援している人のために頑張る!
夢や目標を持つ意味は、なんだろう
自分の好きなものになりたい → カナブンになりたい、パティシエになりたい、そりゃ空想上ではなれるよね。
かなえるために頑張るのではなく、頑張るために戦う
真っ暗闇の中でも、足踏みしていたら少しは進む(横でも後ろでも前でも)

というところで、気分を変えるために、金メダルをプロジェクターに映す金藤さん
このメダルに描かれる、ニケというのは勝利の女神。どのメダルにも書いてある。
裏はその国のエンブレム。
メダルの縁取りは、どのオリンピックのどの種目か英語で書いてある。

触らせてあげよう、ということになって、さあ、会場は蜂の巣をつついた大騒ぎ!
「ハイハイ、はーい!」
おおぜいの触りたい人が手を上げて立ち上がり、叫んだりわめいたり。
「じゃんけんで決めよう! 勝負はアイコなしだよ!」
じゃんけんに参加したのは、その場の全員でした……。
お客さんは、苦笑い。

#金メダル #オリンピック  #金藤 #水泳 #講演会

posted by 岡野なおみ at 06:50| Comment(0) | 日記